マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売



マツダは、室内空間の広さと使いやすさ、優れた燃費性能などで好評の「マツダ フレアワゴン」に、新機種「タフスタイル」を追加設定するとともに一部改良し、2018年12月26日に発売します。


「タフスタイル」の外観は、丸型のLEDヘッドランプや、ガンメタリック塗装の前後バンパー、サイドガーニッシュ、ルーフレール、アルミホイール等の採用によりSUVのような力強さを表現しました。


内装では、オレンジ色のメーターリングやシートステッチ、工具箱をモチーフとした専用デザインの助手席アッパーボックスなどで、タフでアクティブな中にも遊び心の感じられる空間を表現しています。



そして撥水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジフロアを設定。お客さまのアクティブなライフスタイルをサポートします。


そして「全方位モニター用カメラパッケージ」を、上級機種に設定。純正ナビゲーションシステムとのセット装着により、車両周囲の死角を映像で確認できるようになるほか、マツダの軽自動車で初採用となる「全方位モニター3Dビュー機能」「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」「標識認識機能(進入禁止)」が使用可能となり、安心・安全な運転環境を強化しています。


■新機種「タフスタイル」の主な装備

・専用の2トーンカラー3色を含む、全4色のボディカラーバリエーションを設定

・車両外観では、ブラック塗装のルーフレールとハーフキャップ+アルミホイール(14インチ)、ガンメタリック塗装のフロント&リアバンパー、フロントヘッドランプベゼル、アウタードアハンドルやサイドアンダーガーニッシュなど、アクティブで力強いデザインを採用

・専用デザインの丸型LEDヘッドランプ、LEDポジショニングランプ、LEDフロントフォグランプを標準装備

・助手席アッパーボックスを含むインパネカラーパネルは工具箱をモチーフとした専用デザインに変更し、ガンメタリックを採用

・メーターリング、エアコンルーバーリングにオレンジの加飾を採用・撥水加工を施した、ブラックカラーの専用ファブリックシート表皮にオレンジ色ステッチを採用

・樹脂製の後席シートバックやラゲッジボードで、水や汚れに強い防汚仕様のラゲッジフロアを設定

・上下2段に分かれた、メッシュタイプの助手席シートバックを採用し、使い勝手を向上・運転席と助手席に、シートヒーターを設定

・ターボエンジン車「タフスタイル HYBRID XT」には、パドルシフト、クルーズコントロール、全方位モニター用カメラパッケージを標準装備 


■そのほかの「マツダ フレアワゴン」変更内容

・「全方位モニター用カメラパッケージ」を「タフスタイル HYBRID XT」「カスタムスタイル HYBRID XT」に標準装備。「HYBRID XS」アップグレードパッケージ付き車、「カスタムスタイル HYBRID XS」にメーカーオプション設定

・フレアワゴン用「全方位モニター用カメラパッケージ」には、パッケージ装備としてマツダの軽自動車で初*3となる「全方位モニター3Dビュー機能」「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」「標識認識機能(進入禁止)」を設定

・従来設定のボディカラー2色「チアフルピンクメタリック(モノトーン)」「ブレイブカーキパール」を廃止




 

製品情報はこちら(マツダ公式HP>フレアワゴン)