スクラムバン/スクラムワゴンを一部改良 予防安全性や使い勝手を向上


マツダは、軽商用車『スクラムバン』および軽乗用車『スクラムワゴン』を一部改良し、先進安全装備の拡充などを行い、7月4日より発売しました。

安全装備については、スクラムバン「PAスペシャル」「PCスペシャル」「BUSTER」と、スクラムワゴン全車に、マツダの軽自動車で初となる夜間歩行者検知機能を備えた「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」および超音波センサーによる「後退時ブレーキサポート」などを新たに設定。

さらに、誤発進抑制機能(前進+後退時)、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、リアパーキングセンサー、ハイビームアシストをスクラムバン/ワゴンとして初設定し、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当させました。

室内の使い勝手については、前席上部のオーバーヘッドシェルフをスクラムバンで全車標準化したほか、「PA」「PAスペシャル」に装備されているユーティリティナットを従来10個から、「PC」「PCスペシャル」と同じ12個に増やして、荷室アレンジの自由度を高めました。
 

 
また、スクラムバンについては、「PAスペシャル」「BUSTER」 に従来採用されていた5速オートギアシフト(5AGS)を、より操作が簡単な4速ATに変更。5AGSは「PA」でのみ継続としました。

スクラムワゴンについては、「PZターボ」を全高1910mmのハイルーフ仕様に変更し、室内高を従来比+105mmの1420mmとして、より広々とした居住性を実現したほか、荷室の積載性を向上させました。また、スクラムワゴン全車で、オーディオガーニッシュを従来の180mmら200mmワイドに変更しました。


詳細はマツダオートザム土岐までお問い合わせください。

スクラムバンの製品情報はこちら
スクラムワゴンの製品情報はこちら